TOP > 自分に合ったシミ治療

自分に合ったシミ治療

シミには、肝斑やそばかす、老人性色素班など様々な種類があるので、自分に合った治療を行うことが大切です。肝斑は、主に30代から40代の女性に多く現れます。

左右対称にでている薄茶色のシミが特徴です。
また、若い方でも悩んでいる老人性色素班は、頬やこめかみにできることが特徴です。

20代の若い方でも老人性色素班に悩まされており、大きなコンプレックスになってしまっている方も少なくありません。また、そばかすは、5歳ごろより出現します。これらの肝斑やそばかす、老人性色素班は、自己流のケアでは消すことはできません。

しかし、レーザー治療やフォトフェイシャル、トレチノインなどの塗り薬で治療を行うことによって改善することも可能です。

現在、注目を集めているトレチノインゲル療法は、シミの元から改善することができます。

トレチノインゲルは、肌の奥深くに存在するメラニン色素を排出する効果もあり、短期間で気になるシミを改善できるなどのメリットもあります。

早い方であれば、2週間ほどで効果を実感することができるでしょう。



また、メジャーなシミ治療として挙げられるのが、フォトフェイシャルです。


光を使って顔全体のケアを行います。



肌にほとんどダメージを与えることがないので、肌トラブルに見舞われることもありません。また、短時間でケアができるのも嬉しい点です。

1回当たり、15分ほどでケアが完了するので、忙しい方でも無理なく治療が行えるのも魅力です。